上肢機能障害とは

未分類

交通事故の被害にあってしまった場合の後遺障害には色々なものがあります。後遺障害の等級や病状について説明します。交通事故に遭ってしまい怪我をしてしまったら、治療を続けたのにも関わらず、後遺障害といってこれ以上治らない状態になることがあります。上肢障害が残ってしまうと、生活の中にも支障が出る場面が多くなるので、後遺障害の等級認定を受ける必要がでてきます。そのためには後遺障害の等級について知っておく必要があります。このページでは上肢機能障害について説明します。

機能障害交通事故での後遺障害の場面での上肢は肩関節・肘関節・手関節の上肢3大関節に障害がある場合になります。手指の部分の場合は別の基準があります。欠損障害・機能障害・変形障害の3種類があり、欠損障害とは交通事故が原因となり身体の一部がなくなることを指します。欠損障害の場合は腕のどの部分が欠損したかによって認定を受けることのできる後遺障害の等級が変わります。

また機能障害というものもあり、機能障害とは腕が失われてはいないものの、事故が原因で腕や指に障害が残ってしまった場合になります。身体の部分が失われてはいないものの、身体の器官としての機能を果たさない場合になります。

また、変形障害は交通事故の原因による骨折で治療をしても骨がうまく繋がらずに関節と異なる部分が曲がるようになってしまう運動障害のことを指します。このような障害になると関節を動かせる場所が発生したり、骨に痛みが起こることから手術が必要になることもあります。