下肢機能障害とは

未分類

医者
引用 [後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所

下肢機能障害について説明します。まずは下肢の説明からします。下肢の指す箇所は股関節・膝関節・足関節の3大関節と足指の部分を指します。また、機能障害とは下肢の用を廃したもの、関節の用を廃したもの、関節の機能に著しい障害を残すもの、関節の機能に障害を残すもののことを指します。関節の用を廃したとは関節が動かなくなったか、これに近いような状態にある場合を示します。

また、下肢の後遺障害は大きく分けると3つの種類にわけられます。欠損障害、機能障害、変形障害です。欠損障害とは下肢、またはその中の一部が失われてしまったものを指しています。機能障害とは交通事故によって下肢が本来の機能を失ってしまったり、制限されてしまうことをさします。変形障害とは交通事故により運動することに障害が残ることです。

形成外科技術の進歩の中で下肢の変形障害や短縮障害は大幅に改善することができるようになりました。問題点はこの治療費をどこまで保証されるのか、誰がカバーするのかという問題が残ります。もしも、不運にも事故に巻き込まれてしまった場合は担当医と治療方法を相談し、交通事故被害に対する専門知識を持っている弁護士に相談することによって後遺障害等級認定や補償の交渉がうまくいく可能性が高まります。

上肢機能障害とは

未分類

交通事故の被害にあってしまった場合の後遺障害には色々なものがあります。後遺障害の等級や病状について説明します。交通事故に遭ってしまい怪我をしてしまったら、治療を続けたのにも関わらず、後遺障害といってこれ以上治らない状態になることがあります。上肢障害が残ってしまうと、生活の中にも支障が出る場面が多くなるので、後遺障害の等級認定を受ける必要がでてきます。そのためには後遺障害の等級について知っておく必要があります。このページでは上肢機能障害について説明します。

機能障害交通事故での後遺障害の場面での上肢は肩関節・肘関節・手関節の上肢3大関節に障害がある場合になります。手指の部分の場合は別の基準があります。欠損障害・機能障害・変形障害の3種類があり、欠損障害とは交通事故が原因となり身体の一部がなくなることを指します。欠損障害の場合は腕のどの部分が欠損したかによって認定を受けることのできる後遺障害の等級が変わります。

また機能障害というものもあり、機能障害とは腕が失われてはいないものの、事故が原因で腕や指に障害が残ってしまった場合になります。身体の部分が失われてはいないものの、身体の器官としての機能を果たさない場合になります。

また、変形障害は交通事故の原因による骨折で治療をしても骨がうまく繋がらずに関節と異なる部分が曲がるようになってしまう運動障害のことを指します。このような障害になると関節を動かせる場所が発生したり、骨に痛みが起こることから手術が必要になることもあります。

交通事故の後に残る障害

未分類

交通事故の被害にあってしまった人の中には残念ながら治療をしても治らない後遺障害を持ってしまう人もいます。交通事故の被害の種類の中でもこのページでは上肢機能障害と下肢機能障害について説明します。

上肢機能障害まずは上肢機能障害です。上肢機能障害とは、肩関節・肘関節・手関節の3大関節に何らかの障害が生じている状態をいいます。手指部分の場合は基準が異なり、欠損障害・機能障害・変形障害の3種類の障害です。欠損障害の場合は腕のどの部分が欠損したかによって認定を受けることが可能な後遺障害の等級が変わってきます。

機能障害の場合は事故が原因で腕や指に障害が残ってしまったもの、身体の器官としての機能を果たしていないものになります。変形障害は交通事故が原因で関節が曲がるようになってしまう運動障害のことを指します。このような障害になると関節を動かせる場所が発生することや手術が必要になることもあります。

下肢機能障害の下肢の指している部分は股関節・膝関節・足関節の3大関節と足指の部分を指します。下肢の後遺障害も大きく分けると3つの種類にわけることが可能で欠損障害、機能障害、変形障害と分けることができます。

形成外科技術が進歩していく中で色々な障害が改善できるようになりましたが、この治療費がどこまで補償されるのか、誰がはらうことになるのかという問題が残ります。事故に巻き込まれてしまった場合には交通事故被害に対する専門知識を持っている弁護士に相談することによって補償の交渉がうまくいく可能性が高まります。